読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式会社デュアルタップのマンショントリビア

マンションに関する雑学や豆知識などを紹介していきたいと思います。株式会社デュアルタップ

マンション投資

マンション投資には、大きく分けて「区分所有」と「一棟所有」というものがあります。

マンション投資を始めようと思ったときには、手始めに区分から買うことにするのか、一棟投資をするのかは悩みどころといってもいいでしょう。

また、どちらがいいのかも考えていくと、なかなか決めづらいものがあります。

まず、2つの違いのなのですが、区分所有というのは、マンションやアパートの1室などの建物の限られた部分を所有することになり、一棟所有の場合は、まさに建物一棟丸ごと所有することになります。

まぁ、考えてみると初心者がいきなり一棟所有するというのは、よほどのことですし、お金の余裕もなければ、なかなか踏ん切りはつかないところなのですけどね・・・。

不動産投資、マンション投資を、世の中にある投資などと比較すると、FXや株などのように一瞬で大儲けできるというようなものではなく、どうしても長期的プランで行う投資、つまりは堅実な手法といってもいいでしょう。

少ない金額から始められるという「区分所有」は、初心者向きの投資とはいえ、手軽に始められる反面、借りてくれる人がなかなか見つからないなどのとリスクが高いとうことが言えます。

もちろん、人気エリアで、駅近の物件であれば、ニーズは高いので、すぐに埋まる確率は高くなりますが、その分、購入する物件の価格が高くなりますので、入居率を高く設定できたとしても、利回りが低くなる傾向があります。

先程と同じように考えた場合、入居率の問題であれば、一棟所有も同じじゃないかと思われるかもしれませんが、実は一棟所有の場合、すべての部屋が空室になるということのほうが難しく、トータルでリスクを分散することができます。

考え方としては、区分所有の場合は、入居率が0%か、100%のどちらかしかありませんが、一棟所有の場合は、その戸数によって、リスクを分散することができます。

例えば、5部屋あるのであれば、入居率が、0~100%の間で推移しますし、2部屋埋まっただけでも入居率は40%になります。

そうすると、収入は全くのゼロということはありませんし、利益はでないまでも少なからず収入が入ってくるという算段がたちます。

とはいえ、一棟所有する場合の初期費用は高くなってしまうのですけどね。