読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式会社デュアルタップのマンショントリビア

マンションに関する雑学や豆知識などを紹介していきたいと思います。株式会社デュアルタップ

不動産に関する統計数値

日本の空き家は全国で約820万戸にも及ぶのだそうで、この数字は年々増加傾向にあります。

まぁ、空き家が年々増加の一方にも関わらず、都心ではタワーマンションやビルの建て替えなどがあちらこちらで行われており、不思議でなりませんよね。

2015年に施行された「空き家等対策の推進に関する特別措置法」が施行されてからほぼ2年が経過していますが、じつのところ、各市町村で積極的に空き家等対策計画の策定を行っているところは全国比率でわずか6%なのだそうで、この数字を見る限り、如何に国の実行力がないのかがわかりますね。

まぁ、そもそも国のアナウンスもしっかりとなされていませんし、いまいちわかりにくいというのが一番の問題ですよね。

そもそも空き家の増加で懸念されるのが、きちんとしたメンテナンスが行き届いておらず風化してしまい、家屋が雨や台風などの自然災害により倒壊する恐れがありますし、その他にも放火されたり、最悪の場合、不法入居者が住み着いてしまうなどの危険性もあります。

これにより治安の悪化も考えられますし、いまのうちから対策はしておきたいですね。

とはいえ、空き家を取り壊すにも数百万円単位のお金がかかってしまいますし、その負担を考えると、なかなか対処することに踏み切らず、空き家のまま放置しておくことになってしまいます。

全国各地では、そのような空き家をデーターベース管理する「空き家バンク」制度の導入が進んでいるようですので、もっと国が本腰を入れて、未来の日本をしっかりと見据えてもらいたいものです。